有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


途中でスロージョギングをやめた理由

スロージョギングは年代を問わず、気軽にできるエクササイズとして人気があります。

ジョギングをしながらお気に入りの音楽を聴いたり、お笑い番組を聞いたりできますし、パートナーがいる場合は楽しくしゃべりながらエクササイズできます。

このようにスロージョギングの魅力は肩の力を抜いて、のんびりとできるところにあるのです。

それにもかかわらず途中でジョギングをやめてしまう人もいますが、その原因はいったいどこにあるのでしょうか。


ある人は、もともとジョギングやウォーキングなどのエクササイズが好きではなく、始めたけれどやっぱり自分に合わないのでやめてしまったそうです。

確かに全ての人が同じように、ウォーキングやジョギングが好きなのかと言うとそうではありません。

ある人はウォーキングやジョギングよりも、泳ぐ方が好きな人もいますし、ジムに定期的に通って集団の中で運動するほうがモチベーションが上がる人もいます。

スロージョギングを始めてみて、どうしても自分に合わないと思った場合は、他の楽しんでできる好みのエクササイズに切り替えてみることも大切です。

他の理由としては、スロージョギングの遅さが苦痛というものです。

確かに歩くよりも遅いスピードでもできてしまうスロージョギングですが、景色の流れ方など、すべてが遅すぎて自分には合わずやめてしまったというケースは時々あるようです。

遅さが苦痛な人は、少し早めに歩くウォーキングや、通常のジョギングに切り替えることが多いようです。


スロージョギングが人気であるとは言え、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。

自分のお気に入りのエクササイズを見つけられれば、それがどんなものであってもきっとプラスになるはずなので、自分は何も続けることができないなんて思わず、模索を続けて行きたいものです。