有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


足を痛めにくいスロージョギング用のシューズを紹介

スロージョギングといっても走ることには変わりありませんので、適したシューズを履いていないと足を痛めてしまう可能性があります。

ゆっくりと走ることで続けやすいスロージョギングも足を痛めてしまっては意味がありませんのでシューズ選びは大切です。


では、どのようなシューズが適しているのかというと、最大の目的は足を痛めないことです。

つまり、地面に着地した時の衝撃をしっかりと吸収してくれるかどうか、これが大きなポイントになってきます。

たとえば、ジョギングやマラソン用のシューズはクッション性が非常に高く、衝撃をしっかりと吸収してくれるようにできています。

この意味ではスロージョギングにも適していると考えることができます。


ただ、スロージョギングは普通に走る時のようにかかとから着地するのではなく、指先から着地することになります。

一般的なランニング用シューズはかかとから着地することを前提に作られていますので、その意味ではスロージョギングには向いていないと考えることもできます。

むしろ靴底の薄いタイプのシューズの方が、指先から着地する場合には感覚をつかみやすく適しているようです。

この辺は非常に難しいところなのですが、基本的にはクッション性の高いもの、もしくはフィット性の高いものを選ぶのがよいでしょう。

あとは走る距離などに合わせてより自分に適している方を選ぶことがコツになります。

こうしたシューズは安いものなら5,000円以下で購入することができますので色々試してみるのもよいのではないでしょうか。