有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


脳の活性化で記憶力アップにつながるスロージョギング効果

スロージョギングとは一定のテンポで、歩くようにゆっくり走ることであり、この運動効果によって脳に一定の刺激を与え続けることができます。

これは物忘れ防止や記憶力アップ、決断力や判断力の向上につながるとされていて、すなわち脳の活性化がなされていることになります。

実際に高齢者による実験では、スロージョギングを行うことによって前頭前野の体積が大きくなって活発化し、記憶力が向上する傾向がみられています。

意欲や思考などの脳の働きがアップすることから、老若男女関係なく心身の健康維持活動に役立つ運動であるといえるでしょう。


これら脳の活性化の効果をより実感するためのポイントをここでご紹介します。


まずは背筋を伸ばしてあごは引かずに上向きのまま、やや前傾姿勢を維持しましょう。

地面を蹴るのではなく、しっかりと足裏で押すように踏み込んで、歩幅は小さく前へ進んでいきます。

ニコニコした表情を保ちながら続けることも大切です。

会話を出来るテンポでというのが理想ですので、誰かと一緒に話しながらゆっくりと走るのがおススメです。

また丁度良いテンポの音楽を口ずさみながら走るのも、会話をすることと同様に楽しく続けられるコツです。

楽しく走ることを続けることで、より一層脳への刺激を与えることができるでしょう。


何もしないと脳は日々衰えていきます。

健康的にはつらつと過ごすために、スローウォーキングを毎日の生活に取り入れてみてください。