有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


続かずにやめたスロージョギング体験談

スロージョギングの一番良いところは、ニコニコペースで走れるというところに尽きます。

ニコニコペースとは、福岡大学の田中宏暁教授が提唱したもので、ニコニコ笑いながら楽しくできる速さということです。

スロージョギングはこのペースで友達や家族、パートナーとたくさんおしゃべりしながらできるので、多くの人が続けられるのです。

しかし一方で、せっかく始めたスロージョギングが続かずにやめた人の体験談も多く届いています。


ある20代の女性は、肥満気味なのでその体型を何とかしようと、スロージョギングを始めることにしました。

独身の一人暮らしであるため、夜1人でスロージョギングするのは安全面で問題があると考え、朝早く始めることにしました。

しかし夜遅くまで働いて帰ってくる彼女にとって、朝早く起きるのは非常に辛く、結局、続けることはできなかったそうです。

彼女は、もし一緒に朝早く起きてがんばってくれる友達や彼がいたら、続いたかもしれないと述べています。

このことからスロージョギングはパートナーや友達がいる人、朝型人間により向いていると言えるでしょう。

夜型から朝型に切り替えようと思っている人にも、きっと大きな助けとなると言えます。


スロージョギングが続かないもうひとつの理由は、ニコニコペースをなかなか保てなかったことがあげられます。

ニコニコペースは始めに述べたように笑いながらできるペースのことです。

そのゆっくりペースで十分効果は得られるのに、つい必死になって通常のウォーキングやジョギング並みの気合いで行ってしまうと疲れてしまって、長続きしません。

失敗体験談の中でも、つい無理してしまって続かなかったという声が多くあります。

あまりにも気合い十分だと燃え尽きてしまうこともあるので、ニコニコペースをあくまでも守るスタンスを崩さないようにしたいものです。