有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


簡単にスロージョギングするためには通勤や仕事の合間に

健康維持のため、またダイエットをしたいけれど毎日忙しいという人には、隙間時間を使ったエクササイズが人気を集めています。

いわゆる、ながらダイエットですね。

簡単なストレッチ等は仕事の合間にも行えますが、有酸素運動は無理だと思っている人は多いようです。

けれど実はスロージョギングでも、隙間時間に行って脂肪を燃焼させられることが最近分かってきました。


筋肉は、速筋と遅筋という2種類の筋繊維から出来ています。

このうち速筋は糖質を主なエネルギー源とし、遅筋は脂肪を利用します。

そのため遅筋を活用する動きならば、短時間でも脂肪を燃やせると考えられるのです。

運動の始めはエネルギーが要りますのでどうしても速筋が使われがちですが、スロージョギングは、なるべく遅筋が使われるよう工夫された動きとなっています。


20分以上運動しなければ脂肪は燃えないというのが、今までのダイエットの常識でした。

もちろん長い時間運動していけば糖質やグリコーゲンが全体的に消耗し、脂肪が本格的に分解されるようになるのは事実ですから、こちらの考え方も間違いではありません。

平日は隙間時間のスロージョギングで遅筋を鍛えておき、週末に少し長めに走ってみるのも良いですね。

もし通勤・退勤時に身軽な服装ができるようなら、いつもの歩きをスロージョギングに変えてみてはいかがでしょうか。

毎日スロージョギングを続けることで体が要領を覚え、走りはじめから遅筋をより活用するようになると考えられます。