有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


簡単にできる歩幅の目安は

踏み出した足のつま先から、着地しているつま先までの長さを歩幅と言います。

一般的なウォーキングでは大股歩きで、歩幅は身長の45%から50%程度が目安になっています。

しかしスロージョギングでは、出来るだけ歩幅を小さく、小刻みにすることが推奨されています。

歩幅を大きくすると速度が速くなり、体に負担が掛かります

そのため足のサイズの半分ほどの歩幅で、ちょこちょこと小走りのイメージで行ってください。


歩幅を考えてゆっくりジョギングする必要がありますが、ついスピードが出てしまいがちです。

普通の歩幅よりもずっと小さく、10センチ程度でジョギングをしてください。

目安として、足踏みしながら少しずつ前に進んでいくことを意識して行うとやりやすいはずです。

足の指の付け根で足を地面に付けて、着地の音を小さくすると、体に負担が掛かりにくくなります。


スロージョギングは笑顔でおしゃべりができる速度で走るので、息が上がってしまうとスピードが早くなっている証拠です。

歩幅に気をつけながら、ペースダウンしてください。
歩幅を狭くすることで、体へ掛かる衝撃が少なくなります。

足腰に負担を掛けずに、エネルギーを消費が出来る走り方だと、ダイエットや健康の維持が期待できます。

簡単にできる歩幅の目安は、自分の足の半分ぐらいの長さを常に意識しながらゆっくり走ることです。

歩幅が広がるとスピードが出て、疲れやすくなりますので、小さく走ることを心がけてください。