有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


生活習慣病の改善に役立つスロージョギングを

生活習慣病の改善には食事療法運動療法が進められていますが、運動といってもハードなジョギングやトレーニングは習慣的に行うことに限界があります。

そこでウォーキングの約2倍のエネルギー消費効果から減量や健康維持の為に注目されているスロージョギングがオススメの運動方法といえます。


生活習慣病とは日常の中で良くない生活習慣が積み重なった結果引き起こされる病気のことで、高血圧や心疾患、脳血管疾患や糖尿病などのことを言います。

スロージョギングは身体に様々な良い効果をもたらす中等度の運動の一つで、これを続けることによって体力を付けることができます。

体力が付くということは筋肉量がアップしたということで、これにより血液が身体の隅々まで行き渡り、各細胞の活性化につながります。

そして心肺や脳などあらゆる部分の毛細血管が増えて栄養が届き、不要な老廃物はスムーズに排出されるようになります。

乱れた生活によって汚染された細胞たちも十分な血液循環が行われることで生まれ変わり、心血管・脳の機能は徐々に改善されていくのです。

この運動によってエネルギーが消費されるのは目に見える脂肪だけではなく、血液に溶け込んんだ糖や脂肪も含まれます。

それは結果、血糖値や血圧、尿酸値の数値を下げるということになり、これもまた生活習慣病の改善につながることといえます。


シニアでも簡単に始めることができるスロージョギングは、特別な道具も気合も必要ありません。

ジョギングのように疲れることもないので、生活習慣病の改善の為に是非気軽に始めてみてはいかがでしょうか。