有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


正しいスロージョギングの腕ふり方

ダイエットや体質改善を健康的に実行しようとすると、どうしても運動をしなくてはいけません。

体を動かすことが苦手だったり、年齢的に苦しいと感じる方もいらっしゃいます。

体型的に激しい運動は逆に関節などを傷めてしまう方もいます。

そんな風に悩んでいる方に、おすすめ出来るのがスロージョギングです。


スロージョギングでは走り方がポイントになってきます。

この運動は体に負担を掛けないことで継続の意欲が湧き、健康効果も期待できます。

足腰に衝撃を与えない方法は、かかとで着地をしないようにすることです。

自然な呼吸法でリラックスすることも重要になります。

腕のふり方は意識せずに普通にしてください。

激しく腕を上下させたり、肩に力を込めてしまうと、疲れやすくなりますので注意する必要があります。

体の力を抜いて、肘を90度ぐらいに曲げて走ってください。

正しいスロージョギングの腕のふり方は、自然にまかせると、リラックス状態で走れます。


スロージョギングは歩くほどのスピードで走る運動ですので、激しく体を動かす必要はありません。

小さい歩幅で走るため、体への衝撃が普通のジョギングに比べてかなり軽くなります。

運動をすると人間の体の中では、疲れの元である乳酸という成分が発生します。

しかしスロージョギングでは、乳酸がほとんど増えないことが分かっています。

運動によって疲れにくい体を作ることが可能になり、さらに健康に磨きが掛かることでしょう。