有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


有酸素運動によるスロージョギングダイエット

スロージョギングは、一般的なランニングより有酸素運動の度合いが高いと言えます。

乳酸が溜まりにくい遅筋を活用し、長く無理なく運動を続けるのがスロージョギングの狙いですが、遅筋はエネルギー源として糖質よりも脂肪を多く利用すると考えられています。

また一回あたりの運動時間が長くなると、先に肝臓中のグリコーゲンや血液中の糖分がエネルギー源として使用された後、蓄積した脂肪が分解される段階までしっかり至ることができます。


スロージョギングの適度なペースは、一緒に走っている隣の人と楽に話が出来るくらいと言われてます。

これはかなりゆっくりした速度で、息が上がることもないでしょう。
実はこのことも、スロージョギングがダイエットに良い理由と言えます。

脂肪の燃焼には、物が燃えるときと同じように、酸素が必要です。

激しい運動で息が切れてしまうと、トレーニングの時間が短くなるだけでなく、体に酸素を取り込めないので脂肪燃焼の効率が悪くなります。

世の中には呼吸法をメインとしたダイエットもあるくらい、呼吸は、体重を落とすために重要な要素なのです。


そうした有酸素運動の良さを備えつつ、縦方向の動きで筋肉に刺激を与えられる点にも注目です。

脂肪を分解するための熱を発生させるのは筋肉なので、効率良く脂肪燃焼するためには筋力アップも必要なのです。

これらの点を踏まえると、スロージョギングはダイエットに非常に効果的な有酸素運動と言えるでしょう。