有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


持病がある人がスロージョギングをする時の注意点

スロージョギングはダイエットや生活習慣病の予防に効果的な運動だと言われています。

ジョギングという言葉がつくので、さぞや疲れる運動なのだろうと思うかもいるかもしれませんが、実際は大きく異なります。

ゆっくりと歩くようなスピードで走るというのがスロージョギングの特徴です。

疲れの原因にもなる乳酸の増殖を抑えた運動方法なので、疲れにくく身体への負担も最小限で済みます。

日頃運動不足の方や高齢者の方など、あまり体力に自信がないという人でも気軽に取り組める優れた運動方法です。


どんな人でも始められるスロージョギングですが、持病をお持ちの方には注意して頂きたいポイントがあります。

まずは糖尿病や高血圧で治療中の方への注意点ですが、必ず医師や主治医にトレーニングをする事を相談のうえ、実施しましょう。

医師や主治医に相談した場合には、例えば運動の前にバイタルチェックを行って一定値を超えたら中止する指示や運動量についても指示を受けるかもしれませんね。

体調が良い日などは、もう少し運動量を増やそうかなと思う日があるかもしれませんが、無理は禁物です。

大切なのは健康の維持ですから、指示をしっかりと守り実践するようにしましょう。


次に膝に痛みや炎症がある人、足腰に不安のある人は無理をせずに休息をとるようにしましょう。

健康を保つための運動ですから、これによって体調を悪化させては意味がありませんよね。

毎日取り組んでいれば、時には体調が思わしくなかったり、足腰や膝に痛みを感じる日があってもおかしくはありません。

そんな時は運動を取りやめ休息するように心がけましょう。