有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


効果を倍増させるスロージョギング後のストレッチ法

ウォーキングよりもエネルギー消費量が高いとされるスロージョギングですが、ストレッチを組み合わせると更に効果を倍増させることができます。

スロージョギングだけに限らず、運動前後のストレッチは運動効果を更にアップさせる効果があると考えられています。

運動前に5分程度のストレッチをしておくと、筋肉がほぐれ、代謝が高まるのでエネルギー消費量を上げる効果があると言われています。

また身体が動きやすくなるので怪我の予防や血行促進にも効果があると一般的に言われています。


運動後のストレッチは、筋肉痛の改善や予防のために行われることが多いという事をご存知ですか。

筋肉痛の痛みの原因は、血流の増大によって疼痛物質というものが足や腰などに溜まることで発生すると言われています。

つまり筋肉痛の痛みから解放されるためには、血流を良くして疼痛物質が溜まらないようにすることが大切なのです。

ストレッチには血流を増大させる作用があるので痛みを解消させることが出来ます。


このストレッチの方法ですが、スロージョギングの場合は下肢筋力が鍛えられるので、運動前後に下半身のストレッチをしておくと良いでしょう。

やり方としては下記の手順が良いと言われています。




まずは片足を後ろに向かって挙げます。

次に上げた足をもう一段階高く上げてみてください。

バランスを崩してしまいそうなら、手すりや壁に手をつきながら行ってみてください。
お尻や腰回りの筋肉を使うよう意識をして行うと良いでしょう。

この動作を左右10回ずつ行うのです。




簡単なストレッチ方法ですが、これでスロージョギングの効果をより高めることが出来るのですよ。
是非挑戦してみてください。