有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


メタボから脱け出せるスロージョギング

現代人の重要課題の一つとされているメタボリックシンドロームの改善には、ウォーキングの約2倍のエネルギー消費が期待できるスロージョギングがとても有効な解決方法といえます。

スロージョギングとは、会話できるくらいのテンポでゆっくりと走る有酸素運動のスポーツです。

息が切れないよう、脚が痛くならない程度に歩くように走るのことがポイントなので、ジョギングと比べても遥かに楽な運動法であるといえます。


スロージョギングを行うことによって、身体の筋肉量はアップします。
筋肉量が増えるということは基礎代謝が上がることになり、それは体の毛細血管を増やすことに繋がるのです。

身体の隅々まで行き渡った毛細血管へと栄養を送り出す血液が行き届き、それによって内臓の細胞が活性化します。

そして各内臓の機能が活性化されて、消費カロリーが増えることになります。


筋肉量を増やして基礎代謝をアップさせると、自然に過ごしている時でも消費するエネルギーが多くなりますので、結果ダイエットになるのです。

体重が一キロ減るとウエストが1センチ減るとも言われていますから、高い基礎代謝を維持することによってメタボの改善を期待できるようになります。


スロージョギングは20分以上継続して行うと、より良い効果を得られるとされていますが、忙しい場合は通勤や通学、買い物時の歩行などに取り入れて一日に出来るだけ多く実践してみてください。

生活の中で習慣的に行うことができれば、より高い運動効果を実感できるでしょう。