有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


ダイエットに失敗したスロージョギング体験談

スロージョギングでダイエットに成功したという体験談は多く聞かれますが、その一方で失敗談もゼロではないのが現実です。

ウォーキングなどに比べて楽であるとは言え、続けなければ意味がありません。

どんな運動であれ、続けるためには強い意志が必要なのにも関わらず、1週間に一度か二度行うだけで満足しているのでは、なかなかやせるのも難しいでしょう。

運動を行う頻度はダイエットを成功するための鍵になります。

スロージョギングは毎日、少なくとも二日に一度は続けなければ、大きな効果を得るのは難しいでしょう。


他のスロージョギングの失敗談としては、間違った姿勢で行っているというものが挙げられます。

スロージョギングは疲れないし、楽しいと聞いて始めたのにも関わらず、結局疲れてしまってやめてしまったという体験談が多くあります。

間違った姿勢ではダイエット効果が得られるどころか、体を疲れさせたり壊したりしてしまいかねません。

スロージョギングの姿勢はしっかりと背を伸ばして行うのが基本です。
背筋を伸ばしながら、前傾姿勢をとり、地面は決して蹴り上げてはいけません。

ここが普通の走りと違うところで、地面を足でゆっくり押していくイメージで、アゴは軽く上げるようにして行います。

歩幅は小さく、また自分の足音が聞こえないほど静かに柔らかく動かすのがポイントです。

この基本姿勢を崩してしまうと、体は疲れる一方で効果は出ないので、最初に自宅で鏡の前などでイメージトレーニングをしてから取りかかると良いでしょう。


ダイエットの失敗談は、続けないことと姿勢の悪さがトップに上げられています。

これら2点に注意してスロージョギングをすれば、きっと効果は現れてくるでしょう。