有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギング用のフィット性のあるシューズの利点

スロージョギングの際に履く靴としてはフィット性の高いものか、クッション性の高いものが適しています。

それぞれに利点も違いますので、その違いを把握しておくとより自分に合った靴を選ぶことができるようになるでしょう。


では、フィット性の高いシューズの利点についてですが、フィット性が高いということは裸足の状態に近いということで、これは安定感があるということでもあります。

一般的に、走る場合というのはかかとから着地することになります。
そのため、シューズもかかとの部分の靴底が厚くなっていることが多いのですが、スロージョギングはかかとからではなく指先から地面に着地することが基本となります。

ですから、かかと部分が厚い必要もありませんし、指先に伝わる感触を感じやすくするためにもフィット性が高く靴底の薄いものが適していると言えます。


この指先から着地するのに適している、これがフィット性の高いシューズの大きな利点になるでしょう。

実際、日本スロージョギング協会がお勧めしているシューズは靴底の薄い、フィット性の高いシューズとなっています。


自分の足にフィットするかどうか、これは足のサイズが同じでも足の幅や甲の高さなどが個人で違うため履いてみないとわからないものです。

スロージョギング用のシューズを選ぶ時には自分の足にフィットしているかどうかを入念にチェックしましょう。

ポイントとしては、かかと部分は靴とぴったり合うくらい、指先部分は少し余裕があるくらいが良いと言われています。

具体的には指先を自由に動かせるくらいで、こうしたシューズなら快適にスロージョギングを楽しむことができるでしょう。