有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングを考案した田中宏暁氏の書籍

欧米ではスロージョギングの歴史は長く、インターネットでも様々な人達によって方法や効果などが紹介されています。

日本ではNHKの番組のためしてガッテンで2009年に放送されてから一躍評判となりましたが、その後、福岡大学の田中宏暁教授が体系的な説明書を出版され、さらに日本スロージョギング協会が発足したため、多くの人の注目を浴びるようになりました。

田中宏暁教授はスロージョギングに関する本を沢山書いており、最も特長とする点は脳細胞が活発化することを実験データから解説してある事です。

現在日本で460万人を超える認知症の人がおり、これからも増加の一途を辿ると予想されていますが、認知症の予防に役立つのならばやってみようと思い立つ人も多いのではないでしょうか。

勿論、有酸素運動が生活習慣病やダイエット効果があること、スピードと消費エネルギーや自分のペースに合わせた運動方法についても、分かり易く解説してあります。

スロージョギングが誰にでも勧められるポイントは、本人のやる気があれば、費用も掛からず野外でも室内でも簡単に実行できることです。

また、決して疲れを覚えるような無理をせず、ニコニコペースで何時でも何処でも、楽しみながら実践する方法を、足の運び方や腕の振り方さらに呼吸についてまで、始めてやる人にも分かり易く、絵で示しながら紹介してあります。

運動の効果を医学的見地からも解説してあり、納得できるものです。