有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングをする時の正しいフォームについて

スロージョギングの効果をしっかりと実感するためには、正しいフォームで走ることがとても大切です。

まず、背筋をしっかりと伸ばしてあごを上げ、ひじを90度に曲げて自然に振ります。
歩幅はできるだけ小さくして、着地は足の指の付け根で行うことで、膝や腰へ負担がかかりません。
息が切れないペースで歩くのとほぼ同じ速さで走りますが、途中で疲れを感じたら歩いてもかまいません。



かかとやつま先から着地をすると、膝や腰に負担がかかりやすくなるので、必ず指の付け根の部分から着地することがとても大切となります。

歩くのと同じスピードだと走りづらい人は、できるだけ歩幅を狭くして歩数を多くすると重心が崩れにくく走りやすくなります。

スロージョギング初心者は、スピードが速くなりすぎたり、前かがみになってしまいがちですから、正しいフォームで走るように心がけるとよいでしょう。

また、歩幅が大きいと筋肉痛になりやすいと言われているので、なるべく歩幅が広がらないようにゆっくりと走るようにしましょう。



スロージョギングを始める前には、しっかりと準備運動などをして身体を運動モードに変えておくことも重要です。
リズミカルに軽く跳ねるように走ることで、ウオーキングよりも消費カロリーが多くなるので、ダイエットをしたい人にもおすすめです。

初めは少しずつ時間と距離を長くするようにし、無理なく毎日続けられるような環境づくりからスタートするとよいでしょう。