有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングをする前に摂取しない方がいい食べ物

スロージョギングをする前に、食べてはいけない物がいくつか存在するので紹介します。

まず、運動をする時にはできるだけ胃が働いていない方が体に負担をかけずに済みます。

したがって、消化に時間がかかってしまう食べ物を運動する前に摂取してはいけません。

特に炒めものや揚げ物など、脂分が豊富に含まれている食べ物は避けるようにしましょう。

胃に負担をかけてしまうカップ麺やファーストフードなどは絶対に避けるべきです。


また、糖分が含まれている食べ物を摂取してしまうと血糖値が上がってしまいます。

その状態でスロージョギングをしてしまうと、余計に太りやすくなってしまうため気をつけましょう。

たとえば、ごはんやうどん、パンといった炭水化物に関しては運動の直前に食べてはいけません。

もし炭水化物を摂取したい場合は、運動をする2時間前ぐらいに野菜などと一緒に食べましょう。

炭水化物を単体で食べてしまうと、血糖値が簡単に上昇してしまうためダイエット効果を妨げてしまいます。


また、基本的に固形物は消化をするのに時間がかかってしまうため、食べない方が良いです。

お菓子や糖分の含まれるチョコレートなどは簡単に食べられるため、つい口の中に入れてしまいますが避けましょう。

スロージョギングを始める際は、以上で説明した食べ物は極力避けるようにしてください。

食べ物に気を使わないと、せっかくのスロージョギングの効果を半減させてしまいます。

確実なダイエットを実行するためには、摂取しないほうがいい食べ物は口にしてはいけません。