有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングをしてはいけない人とは

スロージョギングは、疲れにくく身体の負担が少ないジョギング方法という事で注目を集めています。

歩くようなスピードでゆっくりと走るという運動法は、老若男女問わずに気軽にできるトレーニングではありますが、状態によっては行ってはいけない人もいます。

今回はスロージョギングの注意事項について説明しましょう。


まずは通常の歩行が不安定な人は転倒を予防するためにも行ってはいけません。

例えば膝や足首を怪我していて上手く歩けない人、杖などを使用していて普段の歩行が不安定な方にはお勧めできません。

また毎日の習慣で実践している人もいると思いますが、体調が思わしくない場合には中止するようにしましょう。

高齢者の方などで歩行が不安定で、外出先での転倒が心配な方には、踏み台を利用したスローステップ運動というものがあります。

自宅の手すりがある所に捕まれば安定した状態で運動ができますし、スロージョギングとほぼ変わらないエネルギー消費量がある運動なので代わり行うにもお勧めです。


心臓病などの持病を抱えている人やリハビリの一環として行いたいなどの場合は主治医に相談のうえ、トレーニング内容を検討するようにしましょう。

できれば、発作が起きてしまったり、体調が悪くなった時に備えて、1人で行わずに誰か伴走できる人をつけると良いでしょう。

また身体が慣れるまでは自宅でスローステップ運動から始めるとより安心ですね。

トレーニングをする目的は人それぞれだと思いますが、一番大切なのは無理なく継続することにあります。

人は大変だったり、辛くなったりすると途中で諦めてしまうことが多いですよね。

あまり負担にならない方法で細く長く続けることが大切ですよ。