有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングの足の運び方について

体のダメージは軽くて、消費エネルギーはウォーキング以上の運動がスロージョギングです。

無理なく自分のペース配分で続けることが出来るので、幅広い年代の方に注目されています。

ポイントは体への衝撃を軽くするジョギングをすることです。

腕を激しく振る必要もなく、足腰への配慮からゆっくり小さな歩幅で走るので、継続できる要素が充分にあります。

続けることで健康維持に繋がり、運動によって血流が良くなり疲れにくい体が作られます。


スロージョギングの走り方のコツとして、足の運び方が重要になってきます。

リズムを刻んで一定のペースで、ゆっくりと小さな歩幅でちょこちょこと走ってください。

地面を蹴るというよりも、押し出すイメージで行うと、足に掛かる負担が軽くなります。

かかとではなく、指先の付け根部分で着地をすると、衝撃が少なくなり楽に走れるでしょう。

あごを上げて姿勢を正しく走ることで、普段からキレイな体勢を維持できることも期待できます。


スロージョギングでは様々な効果を得られ、年齢や体型に関係なく行えます。

そのため運動が苦手だったり年配の方でも、簡単に実行することが出来ます。

しかし楽に走れるからと言って、何時間も続けて走ったり、無理な姿勢で行うと、体を傷めてしまう可能性があります。

正しい方法で走って、楽しく続けることが重要です。

疲れたら休んで、ニコニコとおしゃべりしても苦しくないペースで続けることで、健康や体質改善へと繋がります。