スロージョギングの走り方と注意点

スロージョギングのウォーミングアップ方法
スロージョギング自体は軽い運動です。しかし実行する前に体をほぐしてあげることは大事です。とくに運動不足の方や朝起きてすぐの場合、寒い日などは体が固まっていますので必ず実行してください。

スロージョギングは笑顔の作り方が大事
笑顔が保てるゆっくりとしたペースのジョギングをすることで、長く続けることが可能になります。何事も楽しんで実行すると、より高い効果を感じることができ、さらに様々な効果が現れていきます。

簡単にできる歩幅の目安は
簡単にできる歩幅の目安は、自分の足の半分ぐらいの長さを常に意識しながらゆっくり走ることです

スロージョギングで足を傷めない着地の仕方
スロージョギングでは足を傷めない着地の仕方がポイントになります。フォアフットという足の指の付け根で着地する方法が推奨されています。

姿勢のキープがスロージョギングにも必要となる理由
姿勢のキープがスロージョギングにも必要となる理由として、足や腰へのダメージの軽減があります。

スロージョギングの足の運び方について
スロージョギングの走り方のコツとして、足の運び方が重要になってきます。リズムを刻んで一定のペースで、ゆっくりと小さな歩幅でちょこちょこと走ってください。

正しいスロージョギングの腕ふり方
正しいスロージョギングの腕のふり方は、自然にまかせると、リラックス状態で走れます。

どのような呼吸法が走る時に自然なのか
有酸素運動時の呼吸のタイミングには重要な意味があります。吸って吐くことで、体内に新鮮な酸素を循環させ、脂肪燃焼率を上げる効果に期待できます。しかしスロージョギングではあまり呼吸法を意識する必要はありません。

スロージョギング後のクールダウンやストレッチ法
スロージョギング後のケアも重要です。疲れた体を放置しておくと、傷みがひどくなったり、疲労が蓄積されてしまいます。とくに運動に慣れていない方などは、クールダウンやストレッチを積極的に行い、体を労わってください。

筋肉痛になった時の対処法
筋肉痛になった時の対処法として、軽く体を動かし、疲れに効果的な栄養を摂取することで、筋肉を回復することが期待できます。