スロージョギングの基本的な説明・基礎知識

スロージョギングによって体にあらわれる効果とは
スロージョギングには、ジョギングやウオーキングを上回る健康効果があることがわかっています。

ジョギングとスロージョギングの違い
瞬発力に優れた速筋が使われるジョギングは無酸素運動なので、疲れやすいのが特徴です。しかし、スロージョギングの場合には、持久力に優れた遅筋が使われるため、有酸素運動を長時間行うことができ、疲れにくく長続きしやすいのが特徴です。

スロージョギングをこなすペース
スロージョギングを行う最適なペースは、日頃の運動量や年齢、健康状態などによって異なります。また、ダイエットや運動不足解消などの目的によって、スロージョギングを毎日行うべきかどうかも変わってきます。


スロージョギングするにはどれくらいのスピードなのか
スロージョギングに最適なスピードは、歩く速度と同じくらいの速さを目安にして走るとよいでしょう。


1日分のスロージョギングで適度な走る距離とは
スロージョギングでより効果を実感するためには、およそ30分で2~2.5キロくらいを走るのが最適だと言われています。


スロージョギングをする時の正しいフォームについて
スロージョギングの効果をしっかりと実感するためには、正しいフォームで走ることがとても大切です。


スロージョギングの理想的な走る時間
スロージョギングをおよそ30分行うことが効果的だと言われ、自分のペースにあわせて10分ずつでも良いようです。また、週に3日以上行うようにするのがよく、理想は週に6日行うことですが、無理なく少しずつ始めることがとても大切です


楽な呼吸法をしながらのスロージョギング
スロージョギングが人気になっている理由の1つに、楽に呼吸をしながら行うことができることが挙げられます。


スロージョギングの消費カロリーは
走るスピードなどによって多少異なりますが、1時間のスロージョギングを行った場合、およそ300キロカロリーほど消費されると言われています。