スロージョギングの健康への効果

スロージョギングの健康法について
健康維持やダイエット、生活習慣病予防や血管や内臓機能の若返りにも有効であると証明され、今注目を浴びているのがスロージョギングです。

減量に役立つスロージョギング
ダイエットに良いとされる有酸素運動の一つがウォーキングですが、それをスロージョギングに変えるだけで約2倍もの脂肪燃焼効果を期待することができます。

メタボから脱け出せるスロージョギング
現代人の重要課題の一つとされているメタボリックシンドロームの改善には、ウォーキングの約2倍のエネルギー消費が期待できるスロージョギングがとても有効な解決方法といえます。

スロージョギングによって基礎体力アップに
ダイエットやメタボ改善に注目されているスロージョギングですが、これは筋肉量が増えたことによって基礎体力がアップしたからだといえます。

生活習慣病の改善に役立つスロージョギングを
生活習慣病の改善には食事療法と運動療法が進められていますが、運動といってもハードなジョギングやトレーニングは習慣的に行うことに限界があります。そこでウォーキングの約2倍のエネルギー消費効果から減量や健康維持の為に注目されているスロージョギングがオススメの運動方法といえます。

スロージョギングが癌やボケの予防にもなる?
ダイエットや健康維持、生活習慣病の改善に良いとされるスロージョギングですが、この運動は心身への高い効果から癌やボケ防止ににも効果のあるものだと言われており、これには持久力と血管の増大が関係しているとされています。

脳の活性化で記憶力アップにつながるスロージョギング効果
スロージョギングとは一定のテンポで、歩くようにゆっくり走ることであり、この運動効果によって脳に一定の刺激を与え続けることができます。これは物忘れ防止や記憶力アップ、決断力や判断力の向上につながるとされていて、すなわち脳の活性化がなされていることになります。

心肺機能を高め血管若返りを目指そう
スロージョギングによって筋肉量がアップして毛細血管が心肺機能や各内臓に増えていくこともわかっています。毛細血管が増えることでより細部にまで新鮮な栄養や酸素を含んだ血液が行き渡るようになりますので、細胞が生まれ育つサイクルも整えることができ、また血液内の糖や脂肪を消費してくれるので血管内の流れをスムーズにすることが可能になります。

スロージョギングで筋肉の持久力アップに
運動を始めようと意気込んでジョギングに挑戦してもすぐ疲れてしまって長続きしないのは持久力が備わっていないからだといえます。

ストレス解消にもなるスロージョギング
ストレスを溜めこまず、生き生きと毎日を過ごすために、スロージョギングを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。