有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングのウォーミングアップ方法

スロージョギングとは、歩くぐらいの速度でゆっくりジョギングをすることですが、ウォーキングよりもエネルギーの消費量が多く、脂肪燃焼効果が高いので、ダイエットや生活習慣病の予防にもなります。

自分のペースで実行できるので、運動不足が気になる方にもおすすめできる方法です。


始める前に、まずはウォーミングアップを行いましょう。

体温が上がると代謝が活発になり、その後の運動で関節がスムーズに動くようになります。

また、ウォーミングアップによって筋肉がほぐされ、怪我の予防を狙います。

そのため激しい運動の前には必ずウォーミングアップは必要ですが、スロージョギングはこれ自体が軽い運動です。

しかし実行する前に体をほぐしてあげることは大事です。
とくに運動不足の方や朝起きてすぐの場合、寒い日などは体が固まっていますので必ず実行してください。


足をメインに軽めの前屈運動やストレッチを行いましょう。

筋肉を伸ばして柔らかくすることが目的ですので、激しい運動でなくてもかまいません。

アキレス腱のストレッチはジョギングでは不可欠です。

ウォーミングアップで筋肉が温かく柔らかくなると、体が効率よく動くことができます。

面倒でも前準備をしっかりやっておくと、筋肉の疲労や痛みが軽減されます。

体が温まり、筋肉がほぐれたことが実感できたら、スロージョギングを開始しましょう。

ゆっくり自分のペースで続けることで、効果的な健康維持に繋げることができます。