有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングによって体にあらわれる効果とは

スロージョギングは毎日続けて行うことで、徐々に体に変化があらわれてくると言われています。
速筋を使うジョギングとは違って遅筋だけを使って走るスロージョギングは、長時間に渡って走り続けることができます。

よって、20分以上の運動を続けないと燃焼されない脂肪がスムーズに燃焼されるようになるため、ダイエットにも期待を持てます。

ウオーキングを同じ時間行った場合と比べると、およそ2倍の脂肪が燃焼されると言われ、効果的にダイエットができると注目されています。

また、持久力が徐々について長時間のスロージョギングを行うと、筋肉内の毛細血管が増えて血糖値の低下やコレステロールの減少など生活習慣病予防につながります。

さらに、ジョギングと同じように脳の活性化作用にも優れ、前頭前野の体積が大きくなり物忘れ防止や認知症予防にも役立つと言われています。
最近では、スロージョギングを毎日続けることで基礎代謝と免疫力が向上し、アトピー性皮膚炎が改善されたという人もいるようです。

このようにスロージョギングには、ジョギングやウオーキングを上回る健康効果があることがわかっています。

運動が苦手な人でも間単にでき、また疲れにくいというメリットもあることからウオーキングからスロージョギングに変える人も増えています。


ダイエットやメタボリック予防のために簡単な運動を無理なく始めたいという人は、1日10分程度から始めてみてはいかがでしょうか。