有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングについて書かれた書籍の紹介

世界で一番早く少子高齢化社会となっている日本は、世界中の人達がどのように日本が対処するのか興味を待って見守っています。

スロージョギングはヨーロッパにおいては早くから提唱され実施されていましたが、日本でも最近の社会情勢から多くの人達が関心を示し、実践する人も多くなったため関連する書籍が数多く出版されています。

関連書籍は大きく分けて3つのカテゴリーに分けられます。

第一は、スロージョギングをどのようにすれば身体が鍛えられ、良い長距離走者となるかとの観点から走る方法を解説したものです。

スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)


また第二に、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防と改善にスロージョギングが如何に効果あるのか、またそのためにはどのような方法が良いのかについて解説したものです。

スロージョギング健康法 ゆっくり走るだけで、脳と体が元気になる!


そして第三には、スロージョギングのように体に負担のかからない運動でも、とにかく有酸素運動を行なう事によって脳の働きが良くなると共に細胞が活性化して仕事の能率まで上がることを、実験結果や学校生徒の実績から説明しているものです。

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング 角川SSC新書 (角川SSC新書)



執筆者はスポーツマンやトレーナーが最も多く、次に医師となっていますが外国人が書いたものの翻訳書も出版されています。

スロージョギングを行なう時は、自分の身体に合わせて無理な負担を掛けず、しかし正しい良い姿勢で動作する事が大切で、これによって内臓や脳や筋肉が健康に保たれるのです。

いずれの記述も、心身共に健康を保つことが第一で、筋肉のトレーニングは次に来るものとして扱っています。