有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングと組み合わせたい食事制限について

新たな健康法として注目されているスロージョギングは、行う目的も人それぞれです。

特に肥満やメタボが気になる状態でなく、筋力の維持や健康のためにスロージョギングを楽しみたいのであれば、食事制限によるカロリーコントロールはそれほど気にしなくて良いでしょう。

食べ過ぎと栄養バランスに注意し、タンパク質は大豆製品など植物性を中心に摂取する、といった基本的な注意事項を守りましょう。

これは単純に体重を落としたい人にも当てはまります。


メタボリック症候群など健康面に何か問題があり、対策としてスロージョギングを行う方は、症状にあわせた食事制限を組み合わせます。

脂肪肝や高脂肪血症は、中性脂肪として蓄えられやすい動物性のタンパク質を減らすよう、健康診断でも指導があるはずです。


スロージョギングで体調に良い変化が表れてくると、運動量を増やしたくなるかもしれませんね。

暑い時期は特に、水分と塩分の補給に気をつけながら行っていきましょう。

またスロージョギングでは、手足の毛細血管が拡張し、全身の血液量が増える効果も観察されています。

貧血の気がある人は、レバーやしじみなど、動物性ヘム鉄を意識して多めに採ってみましょう。

ただし慢性肝炎など肝臓病の診断を受けている人は、鉄分の摂取は控えてくださいね。

高血圧と診断された方や、糖尿病またはその予備軍の方ですと、運動時に飲むスポーツドリンクの塩分・糖分も心配です。

ドリンクの成分配合量を確認し、場合によっては薄めて飲むなどの工夫が必要です。