有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングで足を傷めない着地の仕方

スロージョギングは、歩幅を小さく取ることで体へのダメージを少なくします。

歩き方がポイントとなる訳です。

消費エネルギーがウォーキングに比べ2倍も高くなることから、ダイエットや生活習慣病の予防にも繋がります。

体重が重くて、走ると足や腰に大きく負担が掛かるという方にもおすすめできる運動です。


歩幅と足の着地音を小さくすることを心掛けると、体へ掛かる衝撃が大幅に減少します。

健康目的なら体へのダメージを減らすことは重要です。

そのためにも、スロージョギングでは足を傷めない着地の仕方がポイントになります。

フォアフットという足の指の付け根で着地する方法が推奨されています。

足の指の付け根ですと、かかとでの着地に比べ、衝撃が3分の1程度で済みます。

かかとから着地をすると、膝を傷めてしまう場合があります。

スロージョギングをするときには、足の指の付け根から地面へ付けるように意識してください。


歩幅やかかとでの着地を気にするあまり、下を向いて走ることはよくありません。

姿勢を正し、自然な呼吸でゆっくりと行うことが大事です。

自分の靴の長さ以上の歩幅にならないように意識しながら、笑顔でおしゃべりできるペースでジョギングをしてください。

無理なく実行することでエネルギーを消費し、全力で走らなくても同じような効果を得られます。

そのためにも体への負担を減少させ、足を傷めずに行うことが重要になります。

続けることで健康維持にも繋がり、生活習慣病の改善にも役立ちます。