有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングで筋肉の持久力アップに

運動を始めようと意気込んでジョギングに挑戦してもすぐ疲れてしまって長続きしないのは持久力が備わっていないからだといえます。

また数年前と生活スタイルや仕事は変わっていないのに、疲れやすくなったなと感じるのも体の持久力が衰えているからであるといえます。

持久力というのは単に運動をこなせるかということに限らず、如何に物事を効率よく進めるか、毎日をはつらつと快適に過ごせるかということにも関わってくる大切な力です。

この持久力をスロージョギングで鍛えることができれば、若い頃のように活発に動くことができるようになります。


スロージョギングは会話できる速度で歩くようにゆっくりと走る運動で、これは中等度の有酸素運動であり、遅筋を鍛えるための最適な運動なのです。

持久力を鍛えるための遅筋を鍛える運動は、免疫力を高める運動でもあります。

そのため体力を付けたい方や病気になりにくい身体づくりをしたいと思っている方に、とても良い運動といえるでしょう。


背筋を伸ばしてやや前傾姿勢でゆっくり走るこの運動を、習慣的に行うことで体内に酸素を取り込む力が増し、心肺機能が高まって持久力が身に付きます。

しかしその効果を実感できるまでには3ヶ月以上時間を要します。

加齢や日々の生活で衰えた身体を鍛えるのには少々時間がかかりますが、諦めずに続けてみてください。

初めは15分、そして徐々に時間を伸ばして無理のない範囲で出来るだけ毎日行うことで、失われていた持久力を取り戻すことができるでしょう。