有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングで体験した嫌な事

スロージョギングはハマると楽しいと言いますが、みんながみんな楽しくできるのかというとそうではありません。

始めのうちは嫌なことや辛いことも起こる可能性があります。

例えば40代のある女性は、かなり痩せているように見えても、体脂肪率が30パーセントもあるという状況で、何とかしてそれを落とそうとスロージョギングを始めることにしました。

運動が大嫌いだった彼女は、やむを得ずスロージョギングを始めたため、最初のうちはちっとも楽しいと感じられなかったそうです。

音楽などを聞きながら、のんびりと楽しく走れるのがスロージョギングの良いところなのですが、何とかして体脂肪を落とそうと必死になってしまい、楽しめなかったようですね。

スロージョギングにチャレンジする人の中には、このようにニコニコペースを守れずに、自分で自分を苦しめ、運動をしなければならないと強迫観念にとらわれてしまうことがあります。

のんびりペースでも消費カロリーはウォーキングよりも高いのですから、安心して行いたいものですね。


さらに女性の場合は、仕事が終わってからスロージョギングを始め、夜に行ったため怖い思いをした人もいます。

パートナーがいれば怖がることもなく長続きできるのですが、一人だとどうも心細くてやめざるを得なかった経験談が時々寄せられています。

スロージョギングは本来は楽しくニコニコとやるものなので、その安心感が破壊されるようなできごとが挫折のきっかけになってしまうようです。


まずはスロージョギングが安心してできる環境を探すことが、一番最初にやらなければならないことなのかもしれません。