有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングで体を痛めてしまった理由とは

巷で話題になっているスロージョギングの効果には様々あります。

確実に減量できるダイエット効果やお尻がキュッと上がるスタイルアップ効果、体力や筋力、免疫力アップ、脳の活性化と生活習慣病の予防です。

これだけ多くの効果が得られる上に、人気があるのはこの運動のコンセプトが簡単で楽しくできるものだからです。

スロージョギングは老若男女、みんなが楽しく行えるエクササイズなのです。


それでもこのエクササイズにチャレンジしている何人かは、体を痛めてしまっています。

ふくらはぎが痛い、足首が痛い、腰が痛いなどが代表的な体験談として上げられますが、その原因は一体どこにあるのでしょうか。

まず、正しい姿勢で行っていないことがあげられます。

サッカーや野球、バスケットボールなども同じでスポーツは全て基礎としてフォームの練習が大切になります。

このフォームが崩れていると、成功率が下がるばかりか体を痛めてしまう原因にもなるのです。

スロージョギングをする際は背筋をしっかりと意識して伸ばし、前傾姿勢を取りつつ、アゴは軽く上げる姿勢を終始保つように注意しましょう。


もともと膝などに爆弾を抱えている人はスロージョギングには向いていないのも事実です。

年齢を重ねると腰や足などに痛みが発生することがありますが、だからと言ってずっと座ったまま、寝たままでは体力は反対にどんどん落ちて行ってしまいます。

そうならないためにも、まずは軽いウォーキングから始めて見ると良いでしょう。

いきなりスロージョギングをすると体が悲鳴を上げてしまうので、様子を見て徐々に移行するようにします。