有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングするにはどれくらいのスピードなのか

スロージョギングに最適なスピードは、歩く速度と同じくらいの速さを目安にして走るとよいでしょう。

歩くスピードはおよそ時速4~5キロと言われますが、もし近くに歩いている人がいたら、その人のペースに合わせて走ってみましょう。
初めてスロージョギングをする人は、歩く速度よりもさらに遅く走ってみてスピード感に慣れることが大切です。



速いスピードでスロージョギングを行うと息切れが起こったり疲労感を感じやすくなるので、できるだけあげないようにするのが大切です。
鼻歌を歌ったりおしゃべりが普通にできる速度で走り、疲れたら一旦歩いたりして無理なく行うようにしましょう。

ジョギングとスロージョギングの大きな違いは、いつでも気軽に身体に負担をかけずにできることです。



スロージョギングを行っている人の中には、走り始めるといつの間にか速くなっているケースも少なくないようです。
息があがっていないか、散歩している人を追い抜いたりしていないか、自分が走っているスピードをいつも確認するとよいでしょう。



速く行うとスローではなくジョギングをしているのと同じになり、長距離を走ることが難しくなります。



できるだけスピードを抑えるには、歩幅を小さくしながら走り、歩数を数えてみるとよいでしょう。

おおよその目安としては、1分間に180~200歩ぐらいがおすすめです。
自分の体調やペースなどに合わせてゆっくりと走る、スロージョギングを楽しんでみませんか。