有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングが癌やボケの予防にもなる?

ダイエットや健康維持、生活習慣病の改善に良いとされるスロージョギングですが、この運動は心身への高い効果から癌やボケ防止ににも効果のあるものだと言われており、これには持久力と血管の増大が関係しているとされています。


スロージョギングは会話を出来る一定のテンポで、歩くようにゆっくりと走ることです。

この動きで遅筋という筋肉が鍛えられて持久力が身に付くようになり、疲れにくい身体になります。

また持久力を高める運動というのは免疫力を高める運動なので、癌などの病気のリスクを低下させることができるのです。


そしてこの運動では、筋肉量をアップさせることから基礎代謝や基礎体力の向上を期待することができます。

筋肉量がアップすることで血行が良くなり、体中の毛細血管が増大します。

その為、手足や心臓、更には脳の隅々まで新鮮な血液が十分に行き渡ることから、脳の委縮を防ぐことが可能になるのです。

またある研究ではスロージョギングの運動効果は脳の認知の部分の働きを活性化するということが分かっていますので、より高齢者の方の脳の活性化に効果があるといえるでしょう。


スロージョギングはシニアでも初心者でも気軽に始めることができる簡単な運動です。

これが習慣的に行われれば、癌やボケ予防、そして体力回復することも可能であるといえます。

スロージョギングのサークルなどもありますので、お友達同士でご夫婦で楽しく会話をしながら、健康維持のためにはじめてみてはいかがでしょうか。