有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


スロージョギングからフルマラソンに出場した軌跡

スロージョギングを始めた人の中には、走ることが楽しくてたまらなくなり、ついにはフルマラソンも完走してしまったという人は案外多いものです。

風を切って走るという行為は思った以上に爽快感があり、ストレスや嫌な気持ちといったものが走った後はキレイさっぱり消えて行くので意外とハマってしまうようです。

またフルマラソンをいつか走りたいと思っている人にとっても、スロージョギングは大切な役割を果たしているのです。


ここである人がした6ヶ月のトレーニング内容と、その軌跡をご紹介しましょう。

たったの3ヶ月ほどでフルマラソンに行けてしまうこともあるようですが、脚のケガの心配や体力の限界などを考えると6ヶ月を準備に費やした方が安心です。

最初の1ヶ月と2ヶ月は、まずウォーキングから始めます。

1日30分のウォーキングを、最低でも週に3回始めることからやってみましょう。

ウォーキングにだんだん慣れてきたら、ここでスロージョギングの出番です。
歩くよりも遅いくらいのスピードで行いますが、最初のうちはウォーキングと組み合わせて行いましょう。

3ヶ月目と4ヶ月目は、スロージョギングからジョギングへと移行する時期です。

平日なら30分ほど、時間が許せる日は1時間ほどゆっくり走ります。

この時期はスピードではなく、フルマラソンで完走できるほどの体力を蓄えることが大切になりますので、それを頭に入れておくようにします。

5ヶ月目は自分の走るペースを見つけ、それに従って走る練習をします。

最低でも週に3回この練習をして、6か月目のフルマラソン大会直前には練習量を少し落とし、体力を温存するようにします。

このようにマラソン初心者であっても、6ヶ月の地道なトレーニングによってフルマラソンを走りきることは十分可能なので、ぜひ挑戦してみましょう。