有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


ジョギングとスロージョギングの違い

ジョギングとスロージョギングの大きな違いは、走る時に使う筋肉が異なることです。

瞬発力に優れた速筋が使われるジョギングは無酸素運動なので、疲れやすいのが特徴です。
ジョギングがきつくて続けられないという人が多いのは、このことが主な理由です。

しかし、スロージョギングの場合には、持久力に優れた遅筋が使われるため、有酸素運動を長時間行うことができます。
また、疲れにくく長続きしやすいのがスロージョギングのメリットです。



私たちの体内の速筋と遅筋の割合は生まれつき決まっていて、瞬発力と持久力を発揮するスポーツのどちらが向いているのかも、その割合によって決まると言われています。

短距離が得意な人もいれば、マラソンが得意な人がいるのは、この2つの筋肉の体内の割合によるものです。

速筋と遅筋の割合はトレーニングなどを行っても変えることはできませんが、鍛えることによってそれぞれの筋肉の筋繊維を太くして補うことはできるようです。



主に脂肪を燃焼すると言われる有酸素運動は、ダイエットやメタボ対策にはとても効果的です。
体内の脂肪が燃焼されるようになるには、運動を20分以上続けることが大切ですが、スロージョギングなら自分のペースに合わせて無理なく長時間行うことができます。
持久力がなくすぐに疲れてしまう人や、階段の上り下りがつらくなってきた人は、スローなトレーニングで遅筋を鍛えることがおすすめです。

疲れにくい運動として注目されているスロージョギングは、今後ますます実践する人が増える健康法となるでしょう。