有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数!

運動と一緒に飲むことで、さらに効果を高めれるのがこれ

公式サイトはこちら↓


どのような呼吸法が走る時に自然なのか

有酸素運動時の呼吸のタイミングには重要な意味があります。
吸って吐くことで、体内に新鮮な酸素を循環させ、脂肪燃焼率を上げる効果に期待できます。


しかしスロージョギングではあまり呼吸法を意識する必要はありません


普段通りに自然と走ることがポイントになります。


スロージョギングは余裕を持って走る運動ですので、特別に呼吸を気にかけることはありません。

おしゃべりしても息切れしない速度で走ることが重要です。
そのためにも自然な呼吸法を行ってください。

もし苦しく感じることがあるなら、速度が速くなったり、意識するあまり体に力が入っている可能性があります。

リラックスして、普通に吸って吐いてを繰り返し、楽しく走ってください。

スロージョギングはゆっくり走ることでエネルギーを使うため、歩くよりも2倍ほどのカロリー消費になります。

走り方として、足のサイズの半分ほどの幅でちょこちょこと走ります。
ゆっくりですが、確実にカロリーを消費しています。

それでいて自分のペースで走れるので、疲れをあまり感じることがありません。

少し疲労感を覚えたら、歩いても全く問題ないので、楽に継続することができます。


普段通りに呼吸をして、おしゃべりしても楽に走れるペースで続けることが必要になります。

意識し過ぎずにリラックス状態を保ちながら、自然に身を任せながらジョギングすることが大切です。

息が上がることなく走れる運動がスロージョギングですので、楽しい走りを満喫してください。