カロリー消費量はウォーキングの3倍以上!

30分歩くより10分自宅で楽々♪

画像の説明

サイクルツイスタースリム



スロージョギングは、普通のジョギングよりもさらにゆっくり行うため、スロージョギングとネーミングされています。

ジョギングはランニングよりもゆっくりと行いますが、さらにスピードを抑えて行うのがスロージョギングです。



テレビなどでも紹介され、運動不足気味の方運動が苦手な方でも簡単にできるととても話題となっています。


このスロージョギングは、早足ウオーキングをするのとほぼ同じと考えてよいでしょう。
大きく地面を蹴って走るのではなく、歩幅を小さくして地面を押すようにして走ります。

疲れたら少し休んだりさらにスピードを落とすことで、長時間走り続けることができ、ダイエット効果や生活習慣病の予防に期待ができると言われています。


ジョギングは健康のために行った方が良いとわかっていても、辛くて続けられない人もとても多いようです。


スロージョギングはできるだけ身体に負担をかけずに行うことができるので、誰でも毎日続けやすいというメリットがあります。


また、エネルギー消費量は、ウオーキングと比べておよそ2倍も多いので、無理のないダイエットとして行う人も増えています。

ジョギングよりもきつくなく、ウオーキングよりも楽にできるので、今後さらに注目され、スロージョギングをする人が多くなると予想されます。

ゆっくりと自分のペースで走ることで、普段使わない筋肉を鍛えて筋肉内の毛細血管を増やし、体内の糖質や脂肪を効率よく燃焼させて、健康な身体を作るのにも効果的です。